Alv hagen -妖精の舞う園-

MMO-RPG「エミル・クロニクル・オンライン」関連を中心としたブログです。どなたでもコメント大歓迎ですよ♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海嘯(うそぶ)くれど木撓(たわ)むからず

今日、3月11日といえば…この文章を書いている隣のテレビでも盛んに放送しているように、言うまでもなく東日本大震災があった日です。

SNSで私の在住地を北陸地方としている通り、私は災害の被害を受けておらず、被災者ではありません。
ですが、今回激甚な被害を受けた地域・・・東北地方には決して浅くない縁があります。
子供の頃に過ごした栃木県の町も福島との県境まで30kmほどの小さな町ですが、その後山形に5年、福島県会津と青森にそれぞれ半年、北海道(札幌)に1年、そして横浜に一人暮らししていた期間だけで5年弱住んでいました。
その中でも、東北の中で最も長い時間を過ごした山形はこれまでの私の人生の中で最も幸せな時間をくれた街でもありました。

震災から1年になる今でこそ、被害は東北地方の太平洋側沿岸部に集中していることが分かり、日本海側である山形や仙台・福島の内陸部は大きな被害を免れたことが分かりましたが…発生直後は東北・関東の親族や友人たちの全てに連絡がつかず、心ばかりが焦る状態だったことを記憶しています。

ですが、、、地図を見ていただければ分かるとおり南東北三県の県庁を擁す山形市・仙台市・福島市はそれぞれの移動に新幹線や高速バスなら1時間で行ける距離で、毎日通勤や通学で互いの街を往復している人々も多くいます。

そして…私にも、1年が経過しようとしている今なお全く連絡が取れない友達がいます。


その子は私が山形に住んでいた頃、福島の自宅から毎日学校に通学していた子でした。
家が相当に裕福らしくて、とても苦しい生活の毎日だった私とは別世界すぎる…とか思ったりもしたけど、叔父が経営者で仙台に本店のあった徳陽(陽)シティ銀行が経営破たんしてしまい、人生設計が狂った~~などと冗談っぽく笑っていたなぁ・・・
もしかしたら、家族とともに(外国を含めて)遠くの地へ避難しただけで、うっかり私に連絡するのを忘れてるだけなのかも知れないし、ここ何年も話をする機会もなかったせいで私のことなど覚えてもいないだけなのかも知れません。

でも、それでも…生きていると信じたい。
私のことなんて記憶のカケラも残ってなくていい。
仙台かどこかでバッタリ会って、こっちから声をかけても「誰ですか?」と怪訝な表情をされるくらい忘れ去ってくれていい。

私はずっと覚えてるから・・・

そのほかにも、後で無事だったことを確認できましたが…速報で震度7が伝えられた宮城県鹿島台町(現在の大崎市)に実家のある先輩や、仙台の南に位置する亘理町の知人など、数多くの親しい人たちが被災しました。



それから、テレビを見ていて津波というものに対する認識にズレを感じることもあります。
津波は波という字が使われているせいで、普段の打ち寄せる波が巨大になっただけのように思われたりもしますが…私からすると、津波は「波」ではありません。
なぜそれなのに波の字が使われているのかを考えると、それはこれが陸地を襲い始めたときに見た目が波のように見えるからではないでしょうか・・・?

津波というのは本来、高く盛り上がった部分がわずかしかない波(高潮)と違って、海面そのものが陸地に向かって襲い掛かってくるものです。

例えるなら、10mの津波というのは車輪のついた4~5階建てのビルが乗用車並みのスピードで自分に向かって突進してくると言っていいのではないでしょうか?
だからこそ、津波の警報が出たら高台に“逃げる”しかないのだと思います…人間の力で対応できるような力ではないのですから…
▼追記の開閉

白の極致

ECOと接点のなさすぎる内容なのと、このブログの存在を忘れてるワケではないよ~という意味を兼ねてSNSの代わりにこちらへ記事を追加

今朝の出勤前に自宅の前で撮った一枚。


年越し直後の頃は経験がないほど雪が少ない上に、この時期滅多にないはずの晴天も多かったのでホッとしてたのに…
天気予報では市内の積雪が90cmと言ってたから、うちの周辺は1mちょうどくらいかな?
フレさんには少し話したけど、山形や札幌に住んでた頃は対策が万全だったせい(?)で雪かきがこんなに重労働だとは思いませんでした

原理を司る魔導の戦い

こんにちは~
最近またこのブログを放置気味のサクラミカナタですorz

PT募集コメントなどを見ても、三次職限定PTなども珍しくなくなり、親しくさせていただいているフレさんにも到達済の方々が多くおられる三次職。
そして何より、二次職のLV65装備以来久しく気に入らないものばかりだった巫女の職服で本当に欲しいと思えたアストラリストの服を着るために必要ということもあって、度々ディメンション氷結のPTに行ったのでした
ゴールデンウィーク期間のフィーバータイムなどもあり、頑張って上げて転生を目指そうとした結果。
 
無事にカンストに到達することができた~><

そしてベースLVのカンストとなれば、次に目指すのは転生イベントと三次職…ということで、頂を目指す者のクエに参加してレネットと対決することになるのですが…
 

「レネットはディスペルオーラにより、魔法攻撃を無効化してくる」ことと「エンチャンターのスキルにあるポイズンマーシュは、巫女唯一の物理攻撃扱いの土属性魔法」の二点から、物理攻撃を主体に風ライズ+ポイズンマーシュで当たることを考えました。
その際、VIT補正の大きいガーデナーになって頭アクセに火属性がつく装備、そして武器に土属性の、服に火属性のイリスカードをつけたハリケーンアックスと武道着(←見た目のこだわり)で行くことに。


もともとアヤナは、エントリー以来物理攻撃の殴り型など全く経験がなく(しいて言えばシャーマンになる前のノービス時代程度?)でしたし、霧羽がウァテスになった直後の頃に少しそのタイプでやったことがあるくらいだったので、違和感があると言えば違和感がありすぎでしたけどね(^^汗

しかしながら、レネットは鬼のように強いと言われているし…防御面でどうにも不安があって、服に開けたカードスロットの余った一つに魔法防御力を上げるカードがないか探し回り、キティコラボのカードを1枚挿すことに…
高価すぎるカードを買うお金はないし、費用対効果を考えたら「(コモンカードの)橘みかん」が10Mしない金額で買えるようだし、…などと思いながら公式HPのキティコラボのページを見ると。



カード10枚で1000円!?

普段のクジからは想像もつかないような良心的金額に、自分で直接買って交換することにしてしまいました(^^;
そしてその結果が…


コモンの橘みかんばかりか、スーパーレアらしい?カードまで

これを使って、いざ対レネット戦に挑戦っ><

 
・・・・・・容易には勝たせてくれる相手ではないことは分かってたけど…あともう少しというところで、エッセンガイストというスキルによりHPを全回復されて終わったのでしたorz
wikiには、エッセンガイストについて「対象のMPとSPを0にする」としか書かれてないけど…この記事が書き終わったら編集しておこうっと

この日の夜、攻防戦でご一緒したフレさんのところに転生を済まれれたアストラリストさんがおられることが分かり、いろいろとアドバイスをいただけたので…まだまだ改善の余地はあるようです。


・マーシュはミストに合わせてLV1にしてたけど…威力と詠唱・効果時間のバランスを考えるとLV3くらいがいい。

・スピードエンチャントはすぐに解除されてしまうし、物理攻撃をメインに地サークルマーシュを補助にするよりは、これらを逆に(マーシュをメインに、物理攻撃を補助に)した方がいい。

・その際、マーシュの方が主体になってAGIの値はそれほど多く振る必要がなくなるので、その分をINT(=魔法防御力)に回す。

・地サークルの後にマーシュの詠唱と2段構成になって、ITやラーヴァ単独で済むレネットに対してはどうしても先行設置しにくいので…あらかじめサークルとマーシュは複数設置する感覚で行く。

・積極的に攻めることを考えるよりも、(攻撃はマーシュに任せて)サラマンドラやホムラを駆使して耐え抜くことを第一に考える。


今回は雲蒸竜変の証を全て使い切ってしまったので…次に挑む際にはこれらを心してかかりますっ><



余談。
昨年のSAGA11で武神について発表があった時、レネットとフロールについてはどうしても引っかかるものを感じていました。
私の好きな作品の一つである魔法屋経営シミュレーションゲーム「リトルウィッチ・パルフェ」の主人公、パルフェの親友(レネットはライバルを兼)がレネットとフロ-レという名前なので

しかも強気な性格のレネットと、温和でのんびりとしたイメージのあるフロール(フローレ)って、性格まで一致しているし、、、
運営の中にパルフェシリーズのファンがいるしとしか思えなかったな~・・・
個人的に、レネットが一番の好みなので…ECOでこうして会話すると何とも言えない感慨に思い至るのでした

↓昔から持っている壁紙。
左上がココット(レネットの妹)、左下がフェール(舞台フロルエルモスの王子生き写しの吟遊詩人)、右がパルフェと使い魔のサケマス、そして右下がフローレです
LWRパッケ壁紙

異境にたたずむ孤独

今月18日に栃木県鹿沼市で発生した、クレーン車による小学生死亡事故。
報道を見る限り、事故を起こした運転手は癲癇(てんかん)を持病にしていて、運転中に発作を起こした可能性が取り沙汰されているそうです。
栃木県というのは運転マナーのひどさで悪名高く、隣の群馬県では「宇都宮」「とちぎ」ナンバーを見かけただけで近付かないとも言われていて、私も元学校の先輩の車に乗せてもらっているときに栃木の悪質ドライバーからイヤガラセを受けたことがあります。
私が今住んでいる地域を含めて、悪質な無法ドライバーが多くいる地域というのは全国にありますが、栃木の場合は「自己中心的な」ドライバーが多いことに尽きます。
譲り合いの精神に欠け、自分が原因の接触などでも相手のせいにして暴言を吐くなど、同じ車社会でも東北では絶対に見ることのない光景に出くわすことも残念ながらあるのが現実です

そのようなことを思いながら見ていたこのニュース。
私にとって小中高校を過ごした栃木県で起きた痛ましい事故というだけでも、ニュースサイトを見ていてイヤでも目に付いてしまう記事でしたが…その後明らかになってきた内容に、ますますヒトゴトでいられないと思ったのでした。
一部の親しい相手には「脳の持病」があるとだけ話したことがありますが・・・私もこの病気の持つ一人です。
癲癇というと「突然意識を失って倒れ、身体をこわばらせて白目で泡を吹く」のようなイメージが根強くあるようで、それが偏見や差別に結びつくことも少なくありません。
また、ほかの障害などと違って発作を起こさない限り「普通の人」にしか見えないため、以前ほどではありませんが冷たい風当たりにさらされることもあります。

自分の体験として考えても、東京のとある会社で働いていた際に突然発作を起こし、救急車で渋谷の日赤医療センターに搬送された翌日、(大事はなかったので)出勤したところ社長に突然呼び出されてその場で解雇を通告されたことがあります。
いわく、「君みたいに怖い者を社員として雇えない」と入社から3ヶ月でクビになったのでした。
このときは、それ以前から社内の人たちとあまり上手く関係を築けず孤立した状態だったこともあって、勤務中に起きた発作は口実でしかなく『会社に溶け込めなかった』自己責任もあるとは思っていますが…

癲癇というのは発作が起きている間は本人に全く意識がなく、取り戻した後もしばらく朦朧(もうろう)状態が続くことが多いため、私には自分の発作状態というのが全く分かりません(目撃した人は気味悪がったり、恐れをなして誰も教えてくれませんし…)。
それと、10年以上前に起きたテレビアニメでのポケモンショックで有名になった「光過敏性てんかん」の症状も持ち合わせているので(脳波検査で主治医の先生に「光刺激に対する反応が強いね」と言われて「ポケモンショック?」と返したら「それそれ、それだよ!」と身を乗り出し私を指差して言われたなぁ)、電車や自動車などに乗っていて朝日・夕日に照らされる木漏れ日やビルの谷間を高速で走り抜ける際、日向と日陰が激しく入れ替わるのも私には非常に苦痛だったりします。

なので…持病としている者の一人として考えると、発作はワザと起こすものではない以上この運転手をいたずらに責める気になれなかったりします。
それ以上に、もし本当に症状を持っていて仕事中に発作を起こしたが原因なのだとしたら、本人と同じくらい会社に対して管理責任を強く問うべきだと個人的に思います。
私が仕事中に発作を起こした時の会社とその前に勤務していた会社がそうでしたが、発作を誘発する最大の原因は『過労とストレス(による睡眠不足を含む)』です。
仮に症状の持ち主だとして、この運転手は会社にそのことを素直に打ち明けていたのでしょうか…?
打ち明けていたとしたら、発作を引き起こす大きな原因に対する理解が不足していたのか、それとも打ち明けていなかったとしたら運転手は私のように「理解してもらえない、どころか偏見を持たれて社内での立場を失う」と考えていたのでしょうか…?
生涯飲み続けなければならない場合もある薬を、運転手は「忘れていた」と供述している…とニュースは伝えていますが、私にはこの伝を素直に受け入れられない気持ちがあります。
薬の副作用については後述しますが、多くの抗てんかん薬には強い催眠性の副作用があり、「服用することでウトウトしてしまい、事故を起こして(しかも居眠り運転として扱われる)大変なことになる」ことを恐れたのではないか・・・ついそんなことを思ってしまうのです。
結果として見れば、重大な事故は起こってしまったので…暗澹な思いに陥ってしまいますが…
事故は朝方に発生していることのように、発作の可能性を示唆する状況もある一方で、運転手はなぜ事前に予兆を感じた時点でクレーンを降りて、乗り切るまで待つことができなかったのか…?という疑問は残ります。
全ての人がそうなのかは分かりませんが、発作が起こる前には一般に「アウラ」と呼ばれる異常現象が起こります。
それは本当に異常な状況で、私の場合は『目の前の空間が突然歪曲しだす』や『見えていた光景がゴソッと崩壊して、真っ白な虚無空間のようになる』ように見えるという現象があり、その後は(おそらく倒れた際に、床や地面に打ちつけた)頭の痛みとともに意識がフワッと瞬時に蒸発するように消失して、あとは倒れた状態のまま意識を完全に取り戻すまで何も記憶していません。
アウラから実際の発作までは時間に差があって、ほとんど連続して起きることもあれば2~3時間後に発作という場合もありますが、(あくまで私の場合ですが)遅くともお昼前に起きることが多く午後にはあまり起きません…夜間は数える程度しかないような気がする

ここまで色々と書いてきましたが、この運転手は過失とはいえ小学生を何人も死亡させていますし、子供たちのご両親を思うと重大な罪科は免れません。
ですが、同じ病気を背負う者として思うのは…社会に対して誤解と偏見をすぐに消し去って欲しいこと、そして医療に携わる人々には「仕事の妨げにならない抗てんかん薬」の開発と普及を切にお願いしたいということです。
この病気は発症原因のメカニズムが今なお不明な特発性疾患が大部分を占めていて、私も「病気や発作と一生付き合っていく」覚悟を医師から求められたことがあります。
毎日継続的に飲み続けていかなければならない薬は基本的に「脳を沈静化させて発作を抑える」ことが目的のため、強い催眠効果を副作用に持つものも多くあります。
個人的にも、あまりにウトウトしやすくて仕事に集中できず、無理解な職場から勤務態度が悪いと評価されるのを恐れて、薬の効果を打ち消してしまわないか心配しながら、本当は好きではないブラックコーヒーを大量に飲んだりしていました。
だからこそ、ある意味矛盾していて難しいお願いなのかも知れませんが…「強い催眠作用のない薬の開発と普及」は私にとって心からの願いでもあります。
運転免許との関わりで言えば、取得制限の例外を満たさない限り本当は運転をすることを認められていません。
将来社会に出るとき、とび職や高層ビルの窓拭きのような高所作業を伴う仕事、ダイバーや海女のように水中に潜ってする仕事、バスやタクシー・電車のような乗り物の運転手にはなれないと言われてきたので、それは承知していましたが…正直なところ普通の運転免許にも制限があることを取得した時点で知りませんでした。
そのため、本来であればルールを守っていると言えない状態でもあり、横浜に住んでいた頃のように自分で運転しないでも移動できる環境であれば、積極的にドライブなどをする気になれません。
ですが…残念ながら大都市ではない地方の場合、自分で車を持って運転しなければ仕事にも買い物にも行くことが出来ない場合がとても多く、万が一運転中に発作が起きて重大な事故を起こしてしまったら…という不安が常にありながらも運転せざるを得ない現実があります。

追伸:カテゴリに(最近の記事しかありませんが)「国内ニュース」を追加しました。

聖者の正体

今日(日付上は既に昨日ですけどね)、地元の県立図書館に行って探していた本を見つけました。
そして今になってそれらを動画にした↓の作品を知ったのですが…もっと早く知って、記事にすべきだったことを後悔しました、、、

今回の内容も、著しく気分を害される可能性があることをあらかじめ書き添えておかなければなりません…
このような内容の記事が続いて申し訳ないと思うのですが、どうかお許しいただけるようお願い申し上げます…。
ECOの日記も、いつまでもサボってないでちゃんと書かないといけないのに…

追記:こちらのサイト(東京都知事妄言・暴言録)も参照していただけると幸いです。
▼追記の開閉

左サイドメニュー

プロフィール

サクラミカナタ

Author:サクラミカナタ
精霊や魔術理論、世界各地の神話伝説をこよなく愛する物好きプレーヤー。

■エミル・クロニクル・オンライン
主にルピナスサーバーで活動しています。

アヤナ・ラディス(アストラリスト)
LV67/34


霧羽・ライザーグ(ドルイド)
LV102/50/50

メインは上記の二人ですが、時々以下で活動していることもあります。
ユウラ・アスハラ(マリオネスト)
LV102/50/50

スフィーア・ラグドファイス(カバリスト)
LV98/45/44

アルザラッド・リヴェイラス(エクスプローラー)
LV94/45/30

紫織・ヴァルサード(セージ)
LV92/32/43

香嶋春華(トレーダー)
LV101/46/50

静稀・レイフィス(ナイト)
LV56/25/1

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

ご連絡・お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します(その際は?の部分を@に変更して下さい)。       kana-sakurami?hotmail.co.jp              なお、返答が遅くなってしまう可能性もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止とさせて頂きます。

ファンサイトユニティ


バナー

バナー
source from "NOION"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。