Alv hagen -妖精の舞う園-

MMO-RPG「エミル・クロニクル・オンライン」関連を中心としたブログです。どなたでもコメント大歓迎ですよ♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こもれびに揺れる魂のこえ

20080519a.jpg

上の画像を見て、今ブームのライトノベルをよく読まれる方なら・・・ご存知の方も多いでしょうか?
今回取り上げるのは、ユニゾンシフトというメーカーから出された「こもれびに揺れる魂のこえ(以下「こもれび」と略)」というPCゲームソフトです。

原案/作画・いとうのいぢ、シナリオ・市川環、作曲/音楽監修・水月陵と製作の中核のほとんどを女性作家が占める貴重な作品として、今から5年前に発売されたのがこの作品なのですが・・・
今でこそ、いとうのいぢさんと言えば爆発的ヒットとなった「涼宮ハルヒ」シリーズや「灼眼のシャナ」シリーズのイラストレーターとして一躍その名を轟かせていますが、この作品が出た当初はまだあくまでも一ゲームソフトメーカーのイラストレーターとして知る人ぞ知る存在でした(「こもれび~」の前に発売された「忘レナ草」の頃から、熱狂的な固定ファンは少なからずいたようですが…)
そしてライトノベルのイラストレーターとして一躍脚光を浴びるようになって以降も、ユニゾンシフトの一員として様々な作品で作画を手がけている…というのはよく知られているところだと思います。

ですが…この作品は発売から5年が経過した今も、私にとって常に揺ぎない最高傑作としての地位を保ち続けています。
それは、あくまでも私個人の主観的価値観に過ぎないのですが、こもれびが持つ大きな魅力―――様々な表現方法によって描き出される空気感にあると思うのですsc02
個人的に、漫画でも小説でもゲームでも人々が住むその世界の雰囲気というか「空気」を重視して選ぶことが多いので、最大の情報源となるビジュアル的要素のみならず人々の言動や音楽といった様々な表現を用いて描き出される空気には皮膚感覚的に好悪の差が出ます。

時間の存在さえ、ふと忘れそうになるほどのどかでゆったりとした時の中に生きる人々、ところどころに点在する民家以外は人工物もほとんどない草原や山並み、四季を通じて様々に表情を変える鳥のさえずりや風の声・・・と妄想半分に染められるほど現実は甘くないのも確かですが、学生時代を過ごした東北の片田舎が私にとって一番の理想郷だったこともあり(^^;
このような空気を好む中で知ったのがこの作品でした。

既に知名度の高いいとうのいぢさんの画風については言うまでもないと思いますが、それだけで説明が済んでしまうほど浅くはないのがこの作品の特徴でもあります。
中でも特に、音楽の質の高さは特筆に価するのではないでしょうか・・・?
こもれび本編で使用された音楽やアレンジ曲を2枚のCDに収めた「こもれびの音楽室」というオリジナルサウンドトラック(↓の画像)があるのですが…以前9泊10日で北海道にドライブへ行ったとき(基本貧乏人なので…ほとんどの寝起きが車の中で(´・ω・`))も、宗谷岬から伊達紋別まで500km以上の距離を走り抜ける間をず~っとBGMにしていたほどでした(苦笑)
20080519b.jpg






そしてもう一つ、私がこの作品を忘れられなくした存在…高円寺アヤナについて。
冒頭の画像の左側、すぐ上(こもれびの音楽室)の画像の右側にいるのが高円寺アヤナです。
もうご理解いただけると思いますが、高円寺アヤナはECOでの私のメインPCであるアヤナ・ラディスフィードと同じ名前の少女です。
アヤナという名前は特になんら珍しいものではありませんし、私が神山絢那(こうやま・あやな)という名前でPBMに参加したのは10年以上前なので、たまたま被っただけなのですが…
こもれびという作品を知り、偶然にもあまりに身近な名前をした登場人物がいることで興味を持ったこの人物は表面上明るく元気いっぱいで、強気かつ勝気でもあり牧師として訪れた主人公に食ってかかることもあるとても活動的な性格をしています。
しかしながらその内面はあまりに繊細で、強烈な孤独恐怖症の自分を頑なに否定し、必死に消し去ろうとする…そんな私の文章では『ありがちじゃ?』と思われかねない説明になってしまうのですが(涙)
私自身にとっての馴染み深いアヤナとは性格的に違う所の方が多いのですが…はっきり言って、シナリオを通して心を揺さぶられたのは久しぶりだったように記憶しています。

…と、ここまでは非の打ち所がないほど好きな作品と書きたいのですが、、、
唯一どうしても悔やまれる点があります。
それは、この作品が一定年齢以下では購入することが出来ないPCゲームソフトであり、当然作中にもその要因となっている場面の描写が含まれます。

はっきり言い切ってしまえば・・・私はアダルトゲームと呼ばれるものが嫌いです。

それは何もゲームソフトに限らず、その手の表現を含むあらゆるものが嫌なのですが…一見矛盾するようなこの好き嫌いのために、猥雑さから全く無縁そうな一枚のイラストから興味を持ったら、実はアダルトものだったというような悩みを度々起こしていたりしますガーン・・・
一つの例として、Kanonのように爆発的なヒットを記録した作品であればプレイステーションなどで純粋な一般作として発売されるのを待ったり、小説版であれば見たくもない場面を全て飛ばして読むことも可能ですが…こもれびの場合は(これほど質の高い作品なのに><)プレステなどの一般作版がなく、小説版もないため、、PCゲームソフトをプレーする上で『そのような場面』に入る前に音量OFF、モニターの電源も切って何も考えずにマウスをただクリックし続けたりまでしたのでした(^^汗汗

このように、「きちんと衣服を着ていてこそ可愛い」少女のイラストを見るのが好きな人って、私しかいないんでしょうかね、、、涙

追記:
この「こもれび」に似た世界観の個人的に気に入っている作品に、プレステ/セガサターンで発売された「悠久幻想曲」やオリジナルアニメ「天地無用!」などがあります。
特に悠久幻想曲は、発売元であるメディアワークスがその後、今なお余波を残すほどにセンセーショナルなブームの渦を作った某作で最盛期を迎える以前の足がかりとなった作品であり、エンフィールドの街は私の心の故郷と言ってもいいほどだったりします(^^;

かなり初期の頃から、ECOの中にこの悠久幻想曲や(さらに原点の作品である)Eternal Melodyの登場人物の名を持つPCの方を見かけることを考えると、ECOをプレーしている方の中には悠久やエタメロのファンが少なくないのかも・・・?w
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://alvhagen.blog98.fc2.com/tb.php/92-62d00d32

左サイドメニュー

プロフィール

サクラミカナタ

Author:サクラミカナタ
精霊や魔術理論、世界各地の神話伝説をこよなく愛する物好きプレーヤー。

■エミル・クロニクル・オンライン
主にルピナスサーバーで活動しています。

アヤナ・ラディス(アストラリスト)
LV67/34


霧羽・ライザーグ(ドルイド)
LV102/50/50

メインは上記の二人ですが、時々以下で活動していることもあります。
ユウラ・アスハラ(マリオネスト)
LV102/50/50

スフィーア・ラグドファイス(カバリスト)
LV98/45/44

アルザラッド・リヴェイラス(エクスプローラー)
LV94/45/30

紫織・ヴァルサード(セージ)
LV92/32/43

香嶋春華(トレーダー)
LV101/46/50

静稀・レイフィス(ナイト)
LV56/25/1

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

ご連絡・お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します(その際は?の部分を@に変更して下さい)。       kana-sakurami?hotmail.co.jp              なお、返答が遅くなってしまう可能性もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止とさせて頂きます。

ファンサイトユニティ


バナー

バナー
source from "NOION"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。