Alv hagen -妖精の舞う園-

MMO-RPG「エミル・クロニクル・オンライン」関連を中心としたブログです。どなたでもコメント大歓迎ですよ♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-missione intermezzo-

唐突に思えるかも知れませんが、ここで国際政治のことでも書いてみようと思います
(ここ何日も、頭痛や体調の悪さに悩まされてECOにIN出来ないなんて言えませんし(ノω・、)゚+。::゚。:.゚。+。 )

今、アメリカの大統領選挙が佳境を迎えています。
現大統領のジョージ・W・ブッシュの支持低迷により、党員選挙で指名を受けたマケイン上院議員も中道志向の共和党に対し、連邦議会に続いて政権交代の現実味を色濃く見せる民主党の統一候補争いは日本のニュースでも多大な時間を割いて伝えられ、過熱さを増しています。
当初最有力視されていたヒラリー・クリントン候補に対し、猛烈な勢いで支持を拡大したバラク・オバマ候補がいまやクリントン候補を圧倒する状況にまで様変わりし、ここ最近の予備選挙の動向や結果はクリントン支持だった有権者が、勝ち馬に乗り遅れまいと先を争うようにオバマ支持へスイッチしているようにも見えます。
『あくまでも日本のマスコミ報道を通してですが』クリントンとオバマの主張を聞いていて感じるのは、政策論のクリントンに対し理想論のオバマという、特に演説における政治スタイルの際立った違いです。
自ら起こした戦争に莫大な資金と人材を消費してなおイラクの平和と安定には程遠く、内政面ではサブプライムローン問題が国民生活から世界経済への不安定要因となり―――閉塞し、鬱屈した現状を打破するために政治家が持つべき要素の一つとして、国民に輝かしい未来を示してみせる理想論は欠かせません。

今、若い世代を中心にオバマを熱狂的に支持する人々には、このオバマが語る「理想」に感動して支持に回ったという人も多いといいます。
ですが、悲しいことですが理想に向かって突き進む先には必ず、「現実」という厚く重い壁が立ちふさがるのが政治の世界でもあります。
この「現実」という、おそろしく狡猾で獰猛な敵を前にしたとき、それを踏み越える「現実的な方法論」を持ち合わせない政治家は挫折の憂き目に会うことが往々にしてあります。
イタリアのForza Italia(フォルツァ・イタリア)による連立内閣や30年以上に及ぶスハルト独裁政権を打倒した後に発足したイスラム政党、国民覚醒党を中心とするインドネシアのワヒド政権や、俳優大統領として一時は熱狂的支持を集めたフィリピンのエストラダ政権…国内に目を転じれば無党派ブームに乗った東京都の青島幸男知事と大阪府の横山ノック知事、そして結成からわずか3年で崩壊した新進党と、世界には「現実」を前に妥協と後退を繰り返し、最後には旧来的な保守志向化して存在感も小さくなっていきながら頼みの綱だった国民の支持までも失って消えていった例は無数に存在します。

このような場で個人の政治信条を口にするのは決して適切ではないのかも知れませんが…結論を言うと、私は最初から一貫してクリントン候補を支持していてオバマ候補をあまり信用していません。
(事実の確証がないので具体的には触れませんが)オバマの経済活動に関する疑惑も理由の一つながら、理想論に傾斜しすぎてクリントンのような方法論に長けていない政治家は、必ずしも国民を幸福に導くとは限らないと思えてならないのです。

オバマがここまで大躍進した理由として、学生や若年労働者によるインターネットを駆使した熱狂的な支持拡大運動があったともいいます。
これは、先ごろ退任した韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が初当選を目指した6年前の大統領選挙とあまりにもそっくりで、オバマ大統領が誕生した末の末路を(余計なお世話ながら)心配してしまいます。
日本は38年間にわたって自由民主党の長期政権が続き、今その弊害が噴出する形でこの国に襲い掛かっていると言う政治評論家もいますが、純然たる民主主義国家の一党政権による弊害というのであれば…日本など及びもつかない71年間にもわたる超長期政権を続けてきたメキシコの制度的革命党のような例もあることを知らないのでしょうか?

メキシコの例は極めて特異なものとして例外的に見るとしても、欧米のほとんどの国のように政権交代は政治の新陳代謝のようなもので重要なものであることに変わりはありません。
オーストラリアがハワード保守連立政権からラッド労働党政権に交代し、特に捕鯨問題などで日本との関係を危ぶむ声も聞こえますが、日本と中国・韓国の関係がそうであるように、人々の思考行動は「政治」だけで動くのではありません(あくまで政治が全てではない、という意味です汗)。
それは、時としてビジネスというクールで合理的な利害関係を意味する場合もありますが、自分が人間であるように相手も人間であり、政権や政治制度が変わったことで関係が壊れるほどグローバリズムの結びつきは脆弱だとは思いません。

アメリカ大統領選挙の話からはだいぶ脇道に逸れてしまいましたが><
過去、「自民党を内部から改革する」などと主張して当選していった候補者たちの結末を見るまでもなく、洋の東西を問わず決して欠くことのできない政治家に求められる資質としてPPE(政治・哲学・経済)と言われるように理想論と現実的な対応力、この二つをどの候補がバランスよく持ち合わせているかを見極める力を私たちも持たないとなぁ~・・と今回の大統領選挙のニュースを見ながら思ったのでした。





・・・・・・こんなSSの一つもなく、堅苦しい国際政治のネタなんてどなたも読んで頂けないのは承知の上なんですけどね(^^汗汗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://alvhagen.blog98.fc2.com/tb.php/81-c4c3be41

左サイドメニュー

プロフィール

サクラミカナタ

Author:サクラミカナタ
精霊や魔術理論、世界各地の神話伝説をこよなく愛する物好きプレーヤー。

■エミル・クロニクル・オンライン
主にルピナスサーバーで活動しています。

アヤナ・ラディス(アストラリスト)
LV67/34


霧羽・ライザーグ(ドルイド)
LV102/50/50

メインは上記の二人ですが、時々以下で活動していることもあります。
ユウラ・アスハラ(マリオネスト)
LV102/50/50

スフィーア・ラグドファイス(カバリスト)
LV98/45/44

アルザラッド・リヴェイラス(エクスプローラー)
LV94/45/30

紫織・ヴァルサード(セージ)
LV92/32/43

香嶋春華(トレーダー)
LV101/46/50

静稀・レイフィス(ナイト)
LV56/25/1

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

ご連絡・お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します(その際は?の部分を@に変更して下さい)。       kana-sakurami?hotmail.co.jp              なお、返答が遅くなってしまう可能性もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止とさせて頂きます。

ファンサイトユニティ


バナー

バナー
source from "NOION"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。