Alv hagen -妖精の舞う園-

MMO-RPG「エミル・クロニクル・オンライン」関連を中心としたブログです。どなたでもコメント大歓迎ですよ♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と山の織りなす鎮魂のとき

121231_122742b.jpg
今度の年末年始は曜日に恵まれたせいか、12/29~1/6のうち1/4を除いた8日間も休むことができたため、一昨日から昨日(12/30~31)にかけてかねてよりずっと行きたかった山形と仙台に行くことができました。

お金がないので全て自分で車を運転して、ほとんどを一般道で北陸から新潟を経由して約半日。
本当は運転に全然自信がないし、ヘタだと周囲から日常的に言われている者なのでこれだけの長時間・長距離を走るのは非常にしんどかったけど、それでもこの機会を逃したら次はないと思ったし、半ば強行軍のようにして走りきったのでした。
30日は山形までずっと雨が降り続き、そして31日の復路は正面から激しく雪が降りつけ新潟県の上越地方を通ったときは猛烈な暴風雪の吹雪で前進するのも危険なほどだったり、奥羽山脈を越えて仙台に入るとそれまでがウソのように穏やかな晴天だったり、天候的には決していい状況ではなかったですが、それでも新年を迎える前に自宅まで帰り着くことが出来て、ECOのフレさんとも話をすることも出来て本当によかったと思っています。

今年の春、ECOのリングメンバーにもなって下さっているフレの方が仙台に行く機会があったそうで、その際に私がこのブログで以前書いた記事にある「かつて山形に住んでた頃に一番好きだった散歩道」の仙台沿岸部までわざわざ行って写真を見せて下さったことがありました。
それを見せていただいてから、やっぱり私も是非この場所に直接行って、震災・津波という現実を直視したいという思いを強くしていました。


そして、上記の以前書いた記事の中でも、私にも今なお行方が分からない(私個人として安否を確認するすべがない)福島の友達がいることを書きましたが…一年の最後を締めくくる12月31日=大晦日という折、心の整理をつけたかったというのも一つの理由だったりします。


そして30日の夜に山形到着後、天童で仮眠して翌朝関山峠を越えて仙台に入り、ちょうど日の出を迎える時間頃に目的の場所にたどりついて目の当たりにしたのは…想像をも超える今の被災地の現状でした。
記憶の中にあるこのあたりは干潟の中に砂浜と松林があり、夏には近隣の子供たちが海水浴を兼ねて遊び回る穏やかな場所だったのに…松林は2~3本が生えているだけで全く見る影がなく、砂浜はどこにあったのがが分からないほど完全に消滅していました。
住宅が立ち並んでいたあたりには、建物の基礎となる土台のコンクリートと、そこから伸びる錆びた鉄筋が無数に並ぶ光景広がり、中には敷地の入り口に表札入りの崩れかかった門だけを残して他には何もない場所もありました。
また道路はあの日からこれまで修繕の手が全く入っていないのかと思うほど凹凸が激しく、陥没した部分には雨か昼間の陽射しで解けた雪解け水で水没している箇所さえある現実…

そして、あの日和山も最初はどこにあったのかも分からず、探すのに難儀した挙句に写真で見た看板の場所に。
up2727.jpg
フレさんからの写真と同じように看板にはここを訪れたらしい人たちの寄せ書きが書かれていて、東京から来たという人、仙台と同様震災を経験してきた神戸から来たという人、そしてこの地域を心から愛しているという地元の人の書き込み。
こんな時間なのに、近くには東京のナンバーをつけた車で来たらしい人がいたので何気ない素振りを装いましたが…自分の車に戻って、この震災に関してこれで何度目かもう分からない涙が出てしまいました、、、

121231_073143b.jpg
最後に、あんな悲惨な災害があってもいつもと変わらずに昇る朝日を希望のシンボルにしたいという思いから1枚撮り、改めて犠牲となった方々の冥福を祈ってこの場を後にしました(※上記したように道路は手付かず同然の場所が多く、ここに来るまでに土ぼこりが激しい地帯を通ったためにフロントガラスが少し汚れたまま撮ってしまいました)。

今回の記事で使っている写真は元の大きさが非常に大きく、そのままアップロードするのは問題が多いため一部は編集を加えてリサイズした上で載せています。
ですが、日和山の看板に書かれた寄せ書きなどは少しでも多くの方にご覧いただきたいので…元のサイズのものも載せておきます。

写真によっては1枚で4MB近くある上、解像度が幅3000×高さ4000ピクセルあるため、開く際には十分にご注意ください。
up2722.jpg up2727.jpg up2724.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://alvhagen.blog98.fc2.com/tb.php/167-42f9c5e3

左サイドメニュー

プロフィール

サクラミカナタ

Author:サクラミカナタ
精霊や魔術理論、世界各地の神話伝説をこよなく愛する物好きプレーヤー。

■エミル・クロニクル・オンライン
主にルピナスサーバーで活動しています。

アヤナ・ラディス(アストラリスト)
LV67/34


霧羽・ライザーグ(ドルイド)
LV102/50/50

メインは上記の二人ですが、時々以下で活動していることもあります。
ユウラ・アスハラ(マリオネスト)
LV102/50/50

スフィーア・ラグドファイス(カバリスト)
LV98/45/44

アルザラッド・リヴェイラス(エクスプローラー)
LV94/45/30

紫織・ヴァルサード(セージ)
LV92/32/43

香嶋春華(トレーダー)
LV101/46/50

静稀・レイフィス(ナイト)
LV56/25/1

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールアドレス

ご連絡・お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します(その際は?の部分を@に変更して下さい)。       kana-sakurami?hotmail.co.jp              なお、返答が遅くなってしまう可能性もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止とさせて頂きます。

ファンサイトユニティ


バナー

バナー
source from "NOION"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。