Alv hagen -妖精の舞う園-

MMO-RPG「エミル・クロニクル・オンライン」関連を中心としたブログです。どなたでもコメント大歓迎ですよ♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花は咲く



先日注文していたCDが届いた。
発売日からすると、ものすごく今さらの注文ではあったけど…NHKで度々放送されているのをテレビを見ていたら、やっぱり買わずにいられなくなった。
家にいるとき、通勤のとき、あまりにも何度も聞きすぎたせいで仕事中でもメロディーが頭から全然離れなくなってしまったりもしたけど、それでも全く居心地が悪くならないくらい、とても素敵な曲だと思う。


ECOねくとの感想のときと同じく、思うところがあまりに沢山ありすぎて頭の整理が全然出来てないので…こうして記事を書いているタイミングで一度に書ききってしまうのではなく、思い浮かぶごとに書き加えるかたちで今回の記事を書こうと思っています。

3月の記事に書いた通り、私は震災の被害を直接受けたワケでは全くありませんが…かつて東北地方に長く住んでいたという意味で深い縁を持っていました。
この「花は咲く」という曲に参加している方々は岩手・宮城・福島の太平洋側に面した3県の出身者または深い関わりを持つ方ということで、私にとって特に縁の深い山形は関わっていませんが、「東北」という括りで見ればそれだけでも十分に感動するに値するものでした。
この曲をあえてたった一言で言い表すなら、「天国から流れてくるメロディー」そして「とても切ない曲」です。

冒頭の数秒間、最小限のメロディーで非常に静かな出だしから始まりますが、これは個人的には「一面に雪が降り積もった中で冬に終わりが見え始めた、雪解けが間もなく始まろうとしている」すなわち震災のあった3月半ば前の東北の光景を表していると感じました(実際には東北といっても広いですし、太平洋側・日本海側や山間部・沿岸部などで違いがありますが…山形県村山地方であれば冬の間ほとんど見られなかった晴れ間が少しづつ見え始める頃に当たります)。


何より私が思うのは歌手、俳優、お笑い芸人、スポーツ選手と、この様々な個性を持った歌声から感じたのは、これら人々の歌声が「一つの社会」を象徴しているのではないか、ということ。
老若男女、社会的地位も経済力もおそらく思想信条もそれぞれに異なる彼らの声が色んな人がいる「社会」を映し出す縮図になっているとともに、一つの歌をそれぞれのパートを担うことで歌い継いでいくことで「異なる人間同士が団結していく」ことの可能性、そしてそこから見えてくる希望を指し示しているのではないでしょうか?

そして歌手を本業としている方々でも、流行最先端のJ-POPから演歌、民謡、クラシック(オペラ)まで本当に個性豊かで、普通であればこれだけの多彩な個性が一つにまとまった歌を聴ける機会はないと思います。
本来なら大勢の歌い手が一つの曲を歌うワケですし、歌い方を一つに統一することで雑な印象を与えたりバラバラにならないようにしそうなところなのではないか、と思いますが…この曲においては『J-POPはJ-POP、演歌は演歌、民謡は民謡、クラシックはクラシック』とそれぞれの特徴ある歌い方を全く殺すこともなく、むしろ競演するように響かせ合いながら流れていきます。
そればかりか、それぞれが強い個性を持つものでありながらケンカにもならず、演歌調の新沼謙治からJ-POPの遊佐未森に変わったり、かの香織のややJ-POP的な歌声から森公美子のクラシックオペラ独特の歌唱に変わる(ここへさらにマギー審司の歌声が加わる)など、互いの持ち味をむしろ存分に発揮しています。

それらの最後、「花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に…」で参加メンバーの全38人による歌となりますが、正直な話…私は最初に聴いたとき涙を堪えることが出来ませんでした。
個性ある彼らの様々な歌声からは東北各地にいる私の親族、友人、知人の顔が思い浮かび、それらの中で明確に死亡が確認された人はいない私でさえ激しく心を揺さぶられ、何度聞いても、今でも目に涙がにじんでしまいます。
同梱されているDVDの制作風景を見ると目に涙を湛えた西田敏行氏や、新沼謙治氏が撮影中も涙を懸命に堪え、今にも泣いてしまいそうな光景を見ると…やはりこれはただの歌ではないと思い知らされます。

上で書いた通り、この曲は装飾的なバックの演奏もなくゆったりとしたテンポで文字通り「亡くなった方々が天国から生き残った友人や家族を静かに見守る」ような、非常に切ない曲だと私は思うのですが、このとき感じたのは同じくらい「天国から亡くなった方の存在をイメージさせる」曲は過去に一度しかないということでした。
それは、今から10年以上前に発売された『Rainy Blue -6月の雨-』というゲームの中で奏でられる「追憶」という曲です。
(amazonにあるこのページで視聴することが出来ますが、肝心の部分が途中で中途半端に切られてしまって少し分かりにくいかも…?
Rainy Blueは主人公・北山緋路の幼馴染であり恋人でもある司条蒼が、事故によって突然失われるところから始まるのですが…蒼の死亡を宣告されてからの、主人公の悲嘆・苦悩の描き方があまりにも生々しく、そして壮絶でもあります。
最後に言葉を交わしたときに部屋を出るのを引き止めなかった後悔、自分への嫌悪、そして毎晩繰り返される悪夢に苦しみ抜き、そしてついには後追い自殺を図るまでに追い詰められます。
自然災害と、人災である交通事故とで原因は大きく異なりますが…つい少し前まで元気に振舞って普通に会話していた相手が、ある日突然何の前触れもなく「永久にいなくなる」ことの不条理さ、運命の残酷さ、、これは『本当に大切な人を失った』経験のある人でなければ分からないと思います。
この作品ではトゥルーエンドにおいて10年後、26歳になった主人公の元に長く記憶の奥底に封じていた口ぶりで主人公を呼ぶ小学校4年生の少女が現れ、さらにその後体格が全く違う青年とランドセルの少女が並んで歩く後姿で終わるのですが、「花は咲く」においても「いつか生まれる君に」というように生まれ変わった先の未来の明るい希望を示唆しているところでも共通しています。


注文の前にamazonのレビューを見ていて気付きましたが、圧倒的多数の方が最高点をつけていますが、その中に「最愛の娘を病気で亡くし、後追い自殺を考えた私です。しかし、この歌のおかげで思いとどまることができました。そんな力を持った歌です」という書き込みまであったほど、今を生きている多くの人にとって心の支えになるような曲と言って過言ではないと思います。


追記その1…映像における鈴木京香について。
ネットでのあちこちの評価を見ていると、この「花は咲く」プロジェクト参加者の中で鈴木京香だけが唯一歌うパートがなく、映像に現れた際は終始無言であることに対して一部で『なぜ一人だけ歌わないんだ』とか『参加者の中で突出的に音痴だから役をもらえなかったんじゃないか?』などと中傷とも取れる言葉が見られます。
こういった人たちは、夏場になると毎年広島・長崎での原爆投下や終戦の日時に合わせて行われる黙祷の意味をどのように考えているのでしょうか?
この国には「沈黙は金、雄弁は銀」「目は口ほどに物を言い」という格言・諺があるように、「明確な意思や意図を持った沈黙」と「単なる無言」は意識して区別するまでもなく大きな違いがあるはずです。
本当に心身ともに傷つき、打ちひしがれ、絶望のどん底に沈められたときに必要とされるのは、そのような人に対して「頑張れ」「上(前)を見て歩け」「苦しい思いをしているのはお前だけじゃない」などというような叱咤激励の言葉しかないのでしょうか?

私は違うと思う。
失意と絶望の底に突き落とされた人に対して(何よりも先にすべきことは)そんな傷口に塩を塗るような言葉ではなく、「ただ黙って傍に寄り添い、その苦しみ・悲しみの重荷を少しでも肩代わりをする」ことだと思う。
私も大切な人を失ったり様々な場面で人生に絶望したとき、周囲からかけられる「早く元気を出せ」「ポジティブに生きれば何でも出来る(乗り越えられる)」などと言われてきましたが、そんなことで立ち直れるほど強い心を持った人間ばかりじゃないし、極端に言えばそういった言葉は『上から目線の他人事』な言葉にしか感じられません。

かつて詩人で彫刻家の高村光太郎が「岩手の人」という詩の中で、彼らの人となりを“沈深牛の如し”と表現したように、東北の人間というのは(男性でも非常によくしゃべる関西地方の芸人などと同じ日本人とは思えないほど対称的に)極めて寡黙で、私の大学の同級生の一人のように親しい知人と終日会わなければ一日を通して言葉を発することさえない人もいるほどなのです。
しかし、それはただ「言葉を口に出さない」だけであって、「ただボンヤリしていて何も考えていない」のとは全く違って、議論ともなればこちらが気圧されるほど頭の中では常に深く広く、様々なことを考えています。
もちろんこれはあくまで一般論の話であって、岩手など東北の人であってもしゃべり好きな人、沈黙が苦手だったり落ち着かないという人も必ずいます。
ですが…この「花は咲く」プロジェクトに参加した方々が東北の人間だからこそ、ただ歌うばかりではない沈黙という行為が持つ意義、その重さや深さを子供時代に育った東北という環境から十分に理解し尽くし、その役割を鈴木京香が担ったのだと思います。

それから、この鈴木京香が持つ真っ赤なガーベラの花と、着ている真っ白な服の意味。
ネットでの評価を様々に見るまでは考えてもみませんでしたが…この二つの組み合わせは「日の丸」を表しているという考えもあるようです。
だとすれば、この映像は幾重にも考え抜かれた、非常に様々な意味を持ったメッセージが込められたものとも言えるのではないでしょうか?

あとCDに同梱されている各人の撮影シーンを集めたDVDを見ていて、マギー審司という芸能人が今までのイメージからは想像もつかないほど礼儀正しく、他の参加者や製作スタッフに対して細やかに挨拶をしていたことが印象に残ったのと、森公美子が歌というものに対して並々ならぬほど強いこだわりと思い入れをもって参加していたことを思い知らされたのでした。

最後にどうでもいいおまけ。

会社の検診の結果も来てた。
高校のときから体重はほとんど増減していないので問題ない…と思うけど、最寄のコンビニ(500mくらい先)に行くのにも車を使ってしまったり、運動不足になったら大変だ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://alvhagen.blog98.fc2.com/tb.php/166-7084ee87

左サイドメニュー

プロフィール

サクラミカナタ

Author:サクラミカナタ
精霊や魔術理論、世界各地の神話伝説をこよなく愛する物好きプレーヤー。

■エミル・クロニクル・オンライン
主にルピナスサーバーで活動しています。

アヤナ・ラディス(アストラリスト)
LV67/34


霧羽・ライザーグ(ドルイド)
LV102/50/50

メインは上記の二人ですが、時々以下で活動していることもあります。
ユウラ・アスハラ(マリオネスト)
LV102/50/50

スフィーア・ラグドファイス(カバリスト)
LV98/45/44

アルザラッド・リヴェイラス(エクスプローラー)
LV94/45/30

紫織・ヴァルサード(セージ)
LV92/32/43

香嶋春華(トレーダー)
LV101/46/50

静稀・レイフィス(ナイト)
LV56/25/1

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールアドレス

ご連絡・お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します(その際は?の部分を@に変更して下さい)。       kana-sakurami?hotmail.co.jp              なお、返答が遅くなってしまう可能性もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止とさせて頂きます。

ファンサイトユニティ


バナー

バナー
source from "NOION"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。